資金調達の一つとして、入金スピードを重視する方に消費者金融も選ばれています。

消費者金融から借りる

お金を借りるリスクや注意点

会社の資金調達で消費者金融から借りる方法は以下のパターンがあります。

 

  • 社長や家族の個人名義で借りる
  • 既に発行済みのカードローンを活用
  • ビジネスローンを扱っている消費者金融の活用

 

消費者金融は会社員を中心に個人を対象にした貸付サービスですが、大手を中心に事業資金向けプランを用意している所が多数あります。
法人名義・個人名義の双方で金利は高くなりますが、少額な借入ならスピーディーな審査で対応可能です。
注意点・リスクを理解した上で、少額の財政難は消費者金融からの資金調達を選択肢に入れてみるとよいでしょう。

 

 

個人名義で借りる方法

個人名義で借りる際は、個人の収入と信用情報を重視されます。
会社が赤字決算でも、役員報酬で経営者の個人収入がある場合は、少額に限定されますが新規借入できる可能性があります。

 

このほか、経営する会社とは違う所で会社員として働く家族名義での借入、起業前もしくは好景気だった時に作ったカードローンを活用する手法が人気です。
給与所得者の会社員に比べて、会社経営者・個人事業主は厳しく審査されますが、50万円以下の借入であれば一度審査を受けてみるとよいでしょう。
税金対策で役員報酬を少なくしている場合は、個人名義で審査に通すことが難しいです。

 

個人名義でも遅延はNG

遅延はNG

会社経営者の個人名義で借入をして返済遅延を起こした場合は、会社名義の借入にも悪影響が出ます。
法人名義の借金は代表が連帯保証人になる条件が一般的で、代表個人の信用情報をチェックされます。

 

資金調達する際は、個人と会社を引き離して考えることができないので注意しましょう。
消費者金融からの借入でなくても、クレジットカード・銀行系カードローンの支払いも同じことが言えます。

 

法人名義の審査

ビジネスローンや事業者向けローンを用意している消費者金融は、個人向けのキャッシングより最低金利が低くて高額の融資に対応しています。
ここで気になるのが商工ローンやビジネスローン専門の貸金業者と比較した審査の厳しさです。

 

法人向名義の貸付に対応している消費者金融は大手が多く、審査はシビアに行われます。
決算による黒字額を重視した審査が行われ、赤字決算では審査に通ることが極めて困難。
微益のケースも柔軟性は事業資金専門の貸金業者に劣ります

 

それでも、ノンバンクに分類されることから、銀行融資に比べると審査基準は大幅に緩くて対応がスピーディーです。
大手消費者金融は、WEB申込に対応していて全国のコンビニ・消費者金融のATMおよび無人契約機を利用できる利便性が特徴です。

 

審査の通りやすさや借入条件ではなく、対応スピードや利便性に魅力を感じた場合は積極的に検討してみてください。
このほか、随時繰上返済の柔軟性を重視して消費者金融から資金調達するケースが多いです。

TOPへ