エクイティ・ファイナンスという資金調達の仕組みをわかりやすく解説しました。

エクイティ・ファイナンスとは

資金調達のためにコインを集める人形

「エクイティ・ファイナンス」とは、株式の発行により行われる企業の資金調達手段です。
英単語の“Equity”は「公平さ」「衡平法」といった意味の他に、「株式」という意味を含むため、エクイティ・ファイナンスと呼ばれています。

 

つまり新規に発行した株式を購入して貰うことで資金調達する一連の仕組みを、総称してエクイティ・ファイナンスというのです。
資金調達の手段として有利に働くどうか、という点はメリット・デメリットを客観的に見て判断しましょう。

 

デットファイナンスとの違い

一番の違いは「意味合い」です。通常、エクイティ・ファイナンスの対となる存在として“デット・ファイナンス”という言葉が見受けられます。デット・ファイナンスとは、貸借対照表における“負債”の項目を増加させる資金調達手段です。

 

つまり、一般的に借金と見なされる資金調達がデット・ファイナンスにあたります。
株式を購入して貰うことで資金調達を行うエクイティ・ファイナンスは借金ではありませんので、お金を得る際の意味合いがまったく違うのです。

 

資金調達手段としてのメリット

返済の必要がない

エクイティ・ファイナンスによる資金調達では、集めたお金を誰かに返済する必要がありません。
借金と異なり金利もないため、根本的な資金不足の解決方法として有効的です。
また財務上も悪印象を与えないために、その後に借り入れを予定していても大きな影響を及ぼしません。

 

自己資本の増加

株式のように、原則的に返済の必要がない資金のことを自己資本といいます。
借りたら返さなければいけない他人資本と異なり、返済日の到来により資産が減るリスクがありません。
そのため、安定した経営体制を整えることができます。

 

資金調達手段としてのデメリット

1株あたりの価値が減少する

株式を発行しすぎると、1株あたりの価値が低くなります。
そのため、株式の発行に際して既存の株主から良い反応が得られない可能性が高いです。
価値の低減により既存の株主が株式を手放さないような努力が必要になります。

 

企業のコストが高くなる

基本的には、企業は株主に対して“配当金”を支払わなければいけません。
株式が増えれば配当金の分配母数も多くなり、コスト面での負担が大きくなります。
配当金の支払いは経費として取り扱われないため、税制上も苦しい状況に陥る可能性が否めません。

 

経営に関するリスクを考慮して選択すべし

考え事をする男性

エクイティ・ファイナンスは、株式の発行を伴う資金調達方法です。
負債が増加する借金とは異なり資産を純粋に増やす資金調達方法であるため、財務上の健全化に繋がります。
しかし、メリットだけではありません。
株式を大量に発行すれば経営に関してのリスクが伴います。

 

経営者が株式発行に際するリスクを考慮し、正しい株式設計を行える場合のみ有効的な資金調達手段なのではないでしょうか。

TOPへ