クラウドファンディングを活用するメリット・デメリットを解説します。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングの仕組みを表す人形

「クラウドファンディング」とは、インターネットを活用して不特定多数の資金提供者を募る資金調達方法です。
「群衆」を意味する“Crowd”と、資金調達を意味する“Funding”が掛け合わされて生まれました。

 

クラウドファンディングを展開しているプラットフォーム(専門のWebサービスのこと)に登録すると、すぐに資金調達が始められます。
必要なものはプロジェクトに対する目標設定だけです。後は熱意と魅力がしっかりと伝わることが、資金調達の結果を大きく左右します。

 

種類によって大きく異なる

A?とB?と書かれた木のオブジェクト

クラウドファンディングの種類は1つだけではありません。

 

資金提供の代わりに商品をリターンする「購入型」、リターンは行わずに資金のみを受け取る「寄付型」、リターンに当たる部分が金銭や配当金として返還される「投資型」などがあります。

 

いずれも専用のプラットフォームへの登録で実現できますが、それぞれ意味合いは大きく異なるので注意して種類を選びましょう。

 

クラウドファンディングのメリット

誰でも手軽に始められる

プロジェクトをプラットフォームに登録するだけで誰でも資金を募集できます。
クラウドファンディング大手のサービスを利用すれば、最短で即日から資金調達の開始が可能です。

社会的な認知度が高まる

クラウドファンディングにより資金提供を呼びかけることで、事業者の存在を世間に周知できます。
例えば「山形県で金賞を獲得したさくらんぼ農家がシャーベットを作りたい!」というプロジェクトを掲載したら、「さくらんぼの名産地の中でも金賞を受賞してる農家なのか」というPRに繋がる、といった具合です。

 

クラウドファンディングのデメリット

お金が集まらない恐れがある

クラウドファンディングの最大の注意点は「お金が集まらない可能性がある」という点です。
どれだけ良い商品だとしても、良さを伝えきれなければ購入者は現れません。
文章、画像、動画、などのあらゆるコンテンツを駆使して効果的なPRを行う0必要があります。
失敗すれば労力だけ掛かるため、コスト面では損をするかもしれません。

プロジェクトを放棄できない

一度クラウドファンディングとして募集を書けてしまったプロジェクトは、基本的に中止や一時取り下げができません。
特に資金が集まった後の中止はもっての外です。
資金を集めた後にリターンできないといったトラブルが起きないように慎重に取り組まなければいけません。

 

駆け出しの企業にオススメ

クラウドファンディングはインターネットを通じて幅広い資金提供者を募れる資金調達方法です。
プロジェクトに魅力があれば成功率も高いため、銀行からの融資を受けづらい駆け出しの企業にオススメです。
しかし一度掲載するとプロジェクトには責任が伴います。
そのリスクを理解した上で資金調達方法の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。

TOPへ