経営者なら理解しておきたい社債のメリットをまとめました。

社債とは

「社債」とは、有価証券の発行を伴う資金調達方法です。広義での借金を意味します。
社債という名の通り、企業が発行できる債券であって、個人事業主やフリーランスは発行できません。

 

大まかに、大企業が利用する「公募債」とその他企業が発行する「私募債」に区別されており、一般的には私募債が多く採用されています。
そのため、私募債におけるメリット・デメリットをしっかり確認して、社債発行の是非を判断しましょう。

 

株式との違い

社債と似たような資金調達手段として挙げられる“株式”との違いは、「返済の義務がある」というポイントです。
どちらも有価証券を発行する資金調達方法ですが、株式の発行に際して募った資金には返済の義務がありません。
しかし、返済の義務があるからといって社債の発行が悪手かといえば、それは早計な判断です。それぞれの良さを理解した上で判断しましょう。

 

社債発行のメリット

メリットと書かれたオブジェクト

使い道が自由

社債の発行により集めた資金に使用用途はありません。
自由な使い道で事業資金へと活用できます。
例えば株式の発行により資金を募った場合、投資家に経営への介入権利を与えるため、必ずしも得た資金を自由に使えるとは限りません。
資金を得た後の使い道は経営者の判断により決定したい場合は、社債の発行が有利に働きます。

 

長期的で制限の少ない借り入れが行える

社債の発行は償還期限(返済までの期間)を比較的自由に設定できるため、無理のない返済プランで資金を集められます。
これが銀行の融資であると、少し事情が変わるのです。

 

まず銀行の融資は審査があるため、必ずしもお金が借りられる訳ではありません。
加えて借り入れの上限も青天井とはいかず、若干の不自由さを感じます。
一方で少数私募債以外の社債は発行金額に上限がなく、自由で制限の少ない借り入れが実現できるのです。

 

社債発行のデメリット

デメリットと書かれたオブジェクト

別途融資が不利に働くことも

社債はあくまでも借金であることには変わりありません。
仮に社債を発行した後に銀行からの融資を検討している場合は、社債を発行した過去が審査に悪影響を及ぼす可能性があります。
これが株式の発行ならば大きな悪影響を及ぼさない、という点を理解しておかなければいけません。

 

物足りない場面もある

社債の中でも少数私募債は、発行できる上限金額が1億円に限定されてしまいます。
仮に立ち上げたばかりの企業が、限られた信用の中で少数私募債しか利用できなかった場合は、上限金額に少し不自由を感じるかもしれません。

 

確かな返済計画を立てて利用しよう

社債は投資家に有価証券を発行する資金調達手段です。株式の発行と異なり最終的にお金を返さなければいけないため、借金という見方ができます。
しかし資金調達手段としての柔軟性は高く、一概に利用を否定すべきではありません。
返済計画さえしっかりと立てられれば有効的な資金調達手段であるため、一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

TOPへ