秘密金庫テクノロジー

秘密金庫テクノロジー

秘密金庫セキュリティのファイルシステムテクノロジー

秘密金庫ファイルシステムはWindowsOS上で稼働するファイルシステムとは、全く違うファイルシステムによって、高いセキュリティを実現しました。さらに、このファイルシステムは、あらゆるウィルスの侵入を防ぐことができる安全な保存システムです。また、このファイルシステムを進化させた、見えないドライブと組み合わせることで、WindowsOS上で、稼働するアプリケーションのディレクトリへの侵入をすべて遮断した状態で稼働させることを可能します。

秘密金庫セキュリティファイルシステムを貴社のアプリに応用

弊社では秘密金庫セキュリティファイルシステムを利用したアプリケーション実装のお手伝いいたします。自社開発したシステムやアプリケーションを強固なセキュリティで守ることで、安全な環境下でシステム運用やアプリケーション稼働を実現させることができ、より高い信頼性へとつなげることができます。

ファイルシステム開発・カスタマイズのご相談はお気軽にどうぞ

秘密金庫セキュリティファイルシステムで可能なこと

OSが認識しないデバイスが、悪意のある攻撃から確実にデータを守る

秘密金庫HDDへのアクセスはすべてアプリを通して行います

WindowsOSが認識ないHDDは、情報漏えいだけではなく、ウィルス感染、ハッキング、改ざんなどの被害から、確実にデータを守ることができる唯一のセキュリティファイルシステムです。接続は秘密金庫アプリのみが接続でき、安全なデータの保管を実現します。

独自開発したドライバによって、HDDへの接続を特殊にコントロール

秘密金庫HDDにアクセスすることができるのはセットアップされたPCのみ

秘密金庫HDDへの接続は、セットアップしたPCのみ接続が可能になります。他のPCに接続をしても秘密金庫HDDは認識されませんので、より安全性の高い運用が行なえます。また、ご希望により複数台のPCに接続して運用するカスタマイズも行うことができます。

必要に合わせてシステムを秘密金庫HDDから取り出し稼働

秘密金庫HDD内に格納されたファイルを自動的に呼び出すことが可能

アプリケーションや重要なファイルをWindowsOS上で管理することは、常にウィルスやハッキングによる脅威にさらされています。弊社の秘密金庫セキュリティファイルシステムの基盤技術をアプリケーションと組み合わせることで、安全な環境でシステムを稼働させることが可能になります。

進化したファイルシステム

見えないドライブで安全にシステムを稼働

みえないフォルダを仮想ドライブ化して稼働

見えないドライブはWindowsOSが認識しない領域を仮想ドライブ化する技術です。WindowsOSの純正フォーマットに準拠した領域なので、ソフトウェアを稼働させることが可能な状態でありながら、OSから仮想ドライブへのアクセスをすべて遮断しするので、悪意のある攻撃やウィルスの侵入を防ぐことができます。このドライブ内のアプリケーションやファイルを起動させることができるのは専用のアプリだけが接続できます。この見えない仮想ドライブ技術を利用することで、ファイルの更新や保管はもちろん、アプリケーションの不正な改造やコピーなども防止することができます。

ファイルシステム開発・カスタマイズのご相談はお気軽にどうぞ


製品掲載情報Partner

PAGE TOP ▲