秘密金庫ソリューション

秘密金庫ソリューション

秘密金庫ソリューション ソリューションシリーズ

最も安全で、簡単なデータセキュリティ管理の提案

いくらセキュリティ対策を施したシステム運用を行っていても、ウィルス感染・ハッキング・遠隔操作などの脅威に対して万全ではありません。もし、その脅威に遭遇してしまった時、重要な情報データにも関わらず、パソコン上のHDDに保管していると、情報流失に繋がり組織の生命そのものに関わってきます。また、共有ファイルサーバーで、情報データの一括管理をする事はリスク管理コストを抑える事はできますが、財務会計・人事査定・研究・開発などの組織中枢に直結するような情報データを共有サーバー上に保管すると、その情報データの絶対権限者がシステム管理者に移管されてしまいます。重要な情報データになればなるほど安全性と保管の矛盾が出てきます。秘密金庫ソフトウェアは、保管の矛盾を情報データを守る事に特化し、堅牢であり簡単で、安全なセキュリティ環境を提供いたします。

秘密金庫HDDが安全な理由は、独自ファイルシステム構造にあります

国際特許出願中

秘密金庫HDDの独自フォーマット構造

秘密金庫HDD は、HDDに特殊なコーディングを施すことで、WindowsOSから乖離した独自ファイルシステムを構築。これによって、OSが認識しない状態で、HDDを稼働させることができ、外部からの悪意ある攻撃が有った場合、ハッキングやウィルスなどから、HDD内のデータを守る事が出来るシステムです。また、PCと秘密金庫HDDには、1対1の関係を保つための認証キーを持っており、他に持ち出しをしても、認証キーの照合が合わない場合は、認識しない仕組みになっていますので、盗難や紛失などに遭っても情報の流失に遭うことが有りません。さらに、AES256bitの暗号化処理を施しておりますので、万が一、意図的にデータの解析を試みてもデータを復号させることは不可能です。秘密金庫HDDは、ファームウェアとソフトによる高度なセキュリティを行っておりますので、あらゆる状況下でもHDD内のデータを守り、流失を行わないように設計されております。

新発想から生まれた情報データ保管の砦!!

多くのセキュリティシステムは、外部からの侵入検知やデータの入出力を制御して流失を防止しようとしています。しかし、その為には組織全体のコンピュータを包括的に管理する必要があります。さらに、その維持には膨大な運用管理コストも必要になってきます。秘密金庫はWindowsOSの管理からHDDを切り離すことで情報データを守ると言う、全く逆の発想から生まれたデータ保管技術です。Windowsが認識しない秘密金庫HDD内では、ウィルス感染・ハッキング・遠隔操作など行う事が一切できませんので、重要な情報データを堅牢で有りながら簡単に扱える環境を提供いたします。


製品掲載情報Partner

PAGE TOP ▲